こぎこぎコーギー

歩くロールケーキ、コーギーが4本!

2022年11月まとめ!

早いものでもう11月
年末を意識するような季節となってきましたね
暑さともほぼ無縁で犬連れでも快適なこの時期に
毎年恒例長野県中信地区への旅行を敢行しました!

廻る場所は毎年同じようなコースになってしまうのですが
年に一度しか訪れられないのですから
とてもエキサイティングです

本当はコッコも連れていけると思っていたんだけどなぁ
車内にアオォ声がないのが寂しい、本当に寂しい…
(以下写真多めの手抜きエントリーです)

みんなのテンホウで季節限定メニューの
サバ味噌ラーメン!

松本城の周りをのんびりお散歩!

長峰山展望台で有明山や燕岳の景色を眺めたり

この後は後ろに映る燕岳の登山口にある温泉に行くよー

その前にたまごの駅にて無限卵かけご飯で腹ごしらえ

温泉に行く途中にある有明山神社!

鷹狩山展望台では爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳まできれいに見られました!

この旅行は、犬と一緒にのんびり過ごせる場所に行くことが多いので
パピーでまだパワーあふれるロールには物足りなかったかも
まあ、ロール一頭になったら
旅のスタイルも変わるかもしれないから
それまでは我慢してね

ソイはお留守番!

今回ソイは家の超近所にあるペットホテルにお世話をお願いしました
とても快適な滞在だったようで
心配だったご飯の食いつきもそんなに悪くなかったそう
歩いて連れていける距離に素敵なホテルを知ってしまったので
今後はお世話になることになりそう

さてさて、旅行から帰ってくると
なんだかミルクのご飯の食べが良くありません
「旅行の疲れかな?」などと思っていたのですが
日を追うごとに減っていく食欲

食欲不振にはトラウマしか無く
もうミルクも居なくなってしまうのかと暗たんたる気持ち
膀胱炎後の経過観察の血液検査を兼ねて
動物病院に連れて行きました

通院は楽しい様子

血液検査の結果は
以前からもともと数値が怪しくて
膀胱炎で飲んでいたステロイドのせいか見極め中だった
腎臓の値が爆上がり
これじゃ食欲が無くなるのも仕方がないとは言われてしまいました

検査結果が真っ赤っ赤!

4頭目にして初めてのステージが高い腎臓病
でも15歳5ヶ月まで頑張ってくれたのですから
御の字なのでしょうね

先生からは一週間自宅で皮下点滴をするようにとの指示
点滴すればご飯も食べられるようになるし
今より元気に動けるようになるよ、とのこと

自分で針を刺して点滴するのか
太い針の方が点滴が終わるのが早いならそっちを選ぶけど
ここまで生きてきて
こんなふとん針みたいのを家で刺されるとは
ミルクも思ってなかっただろうな…

また介護スキルが上がりました

点滴の効果は絶大で
病院に連れて行った日は車椅子で立ち上がることも難しい様子だったのが
また元気に動き回れるようになりました
ご飯もまあ食べられているし
尿の毒を出してくれるらしい黒い薬と
リンを吸着して出してくれるらしい茶色い薬、
あとは自宅点滴の効果で少しでも数値が下がることを祈るしかありません
DMの後足麻痺も進んできたし
ミルクって頑張ってくれてるなぁ…

家族とのお別れは年間一頭までだよ
犬も猫もご飯をたくさん食べて生命力を見せてよね!
それが一番の願いですよ!!

2 Comments »

頑張りました!

コートが必要になるくらい寒い日があるかと思えば
また半袖で出歩けるような日もあったり
天候がまだまだ安定しませんね

そんな日々の温度変化に体がついてこなかったのか
我が家のいつも陽気なお祭り番長
三女コッコが、10月21日に永眠しました

年齢は17歳2ヶ月17日
マロンには及びませんでしたが
とても長生きしてくれました

10/21の最後のお散歩

コッコは17歳を過ぎてもとても元気で
まだまだずっと側に居てくれると思っていたのですが
あっという間に老いの階段を駆け上り
手の届かない所へと行ってしまいました

10月15日朝散歩

10月になってから、少しずつフードの食いつきが悪くなってきたコッコ

ただ、フードの食いムラは何度かあったので
食べない時は何でも良いから食べさせて摂取カロリーを確保しつつ
その間に食べてくれるフードを探そうと考えていました
結果、大量の積みフードが残ったわけですが…

フードを食べない以外は概ね元気で
それ以外では若干お腹が緩い時があるかな?といった感じ
それも珍しくないことだったので
まあ少しすれば治るだろうと

ですが食の勢いはどんどん減って行き
10月17日の明け方、前夜食べたものを嘔吐
朝には本格的な下痢便がでたので
じいや君に病院に連れて行ってもらったところ
消化不良からくる体調不良だろうという見立てでした

10月17日
通院時

その翌日までは自力でボーロやチーズ、鳩サブレを食べたりしていましたが
亡くなる2日前からは完璧に食欲廃絶状態で
日に何回も濃いめのミルクをシリンジで飲ませました
それを嫌がらずに飲んでくれていたので
何とかカロリーを補って、体力を温存させよう
コッコの時計の針が止まるのを阻止しようと必死でした

正直、こんな短期間でここまで衰えるとは思っていなかったのです

だってつい数日前までピンピンしていて
ロールと一緒になって私にワンチク吠えかかったりしていたのてすから…

 

 

私の願いは
最後まで穏やかに賑やかに過ごさせてあげること
コッコは最後の数日
どんな気持ちで過ごしていたのでしょうか

 

10月20日
ロールはコッコの周りを離れませんでした

10月20日、亡くなる前日の夕方散歩も3頭全員で行きました

10月20日
最後のコツミルロール散歩

最後の日の朝
20時間くらい排尿が無かったので
もうこれは駄目だろうと思いながら仕事へ
コッコの様子は、在宅勤務をしてくれているじいや君が
こまめに連絡を入れてくれました

10月21日 11時頃

午後1時40分頃、息を引き取ったとの知らせがありました

じいやくんには看取った辛さが
私には看取れなかった辛さが
それぞれあるのだと思います

 

マローネに来たばかりのコッコ

生後30日過ぎに虫かごのような小さなケースに入り
我が家にやってきたコッコは
歳をとっても4頭姉妹の中で一番ベタベタの甘えっ子
いつも私の顔を見上げながら
楽しそうにお散歩してくれていました

ついこの間まで見せてくれていたあの笑顔を
もう二度と見られないなんて
仕方ないとはいっても、やはり辛いものですね

昨年末に一度お別れを覚悟したのに持ち直し
ここまで頑張ってくれたコッコ

ありがとう、おつかれさま、おやすみ

 

 

4 Comments »

夏を乗り切った!

シルバーウィークも終わり、9月も残す所あと少し
やっと暑さから開放される日が増えてきました
コツミルロール&ソイは元気です!

いつの間にかマロン隧道を踏破していたコッコ

コッコは17歳を超えているのが
信じられないくらいに元気です
きっと体調が悪くなる時はガッと来るのでしょうが
今の所は穏やかに過ごしてくれています
無理かと思っていた夏越えも果たしてくれて
こんなに嬉しいことはありません
欲を言えば、まだまだ一緒にいて欲しい…!

通院中もぐう

ミルクはだんだん左後ろ足のナックリングが目立つようになってきました
先月病院で麻痺していると言われた時には
全くピンと来ていなかったのですが
やっぱり獣医さんってすごいのですね
ただ、幸か不幸か元々のお散歩力が低く
ポッキーの時のような
激しい足の引きずりによる出血などはせずに済んでいます
どこまで麻痺が進むのかわかりませんが
細く長く頑張ってほしいものです

マローネ型の巨人に襲われるソイ

ソイは歯肉炎の痛みは良くなったものの
季節の変わり目でお腹の調子が悪くなり食欲低下
なかなかガツガツとご飯を食べてくれるには至りません
猫エイズ陽性の子に対して
口内を傷つけてしまう可能性がある歯磨きを
積極的に行って良いのかも分からず
いつも飼い方を迷ってばかり
少しでも長く一緒に居てくれる事が願いです

マローネ茶白組

妙に懐いています

ロールは生後8ヶ月を過ぎて絶好調
先日大きなドッグランにデビューを果たしました

初めての大きなドッグラン

最初は大型犬が吠えながら走り回っているのが怖かったり
他の子への遊びの誘い方が上手くできなかったりしていましたが
帰る頃には何となく勝手が分かってきたようでした

マロポコミルクでは4頭で遊ばせていれば良かったので
ドッグラン的な所からも足が遠のいていましたが
最後一頭で残されるロールには必要な場所になるのかもしれません
これからは涼しくなるので、ちょくちょく連れて行こうと思います

さてさて、マロンから始まり今はコツミルクが
シニア期の佳境に入っているマローネ
犬介護(と言う程のものでもないけど)期間は4年ちょっと経ったのかな?
その間トイレは段々と大型になり
それでも前足しかトイレに入っておらずOB
対策としてトイレ周辺にもペットシーツを敷いたりしていました
ペットシーツ消費量は何と週120枚!

わたしがいくら使い勝手良くコスパの高いペットシーツを探しても
嵩み続けるペットシーツ代がいい加減辛い…

それを救ってくれたのが
Amazonで売っているワイドサイズのシリコンマットです!

購入回数4回!

一見ぺらっぺらのシリコンマットなのですが
隅っこはちゃんとヘリになっているので
外れおしっこもこぼれないし
汚れたら洗えばいいし
勿論犬の足は滑らないし
本当に神アイテム過ぎです

ただ、彼の大陸から送られてくるので
手元に届くのが少し時間がかかるかな?
それでもここ2回ぐらいの注文は
2週間ぐらいで家に到着しました

こんな感じに敷き詰めてます

シニアになるとペットシーツでも足が滑ってしまうから
本当に便利!
これのおかげでシーツの消費量もずいぶん減ったし
ロールなんか滑り知らずで居間を走り回ってるし←怒
いやー、本当に快適、また買っちゃうかも
今はAmazonやメルカリで便利な物がたくさん売っていて
本当に良い時代ですね
シニア犬のお世話、まだまだ頑張るぞ!

No Comments »

シニア色々!

やっと8月末
げんなりするような暑い日も減ってきましたね
コツミルロール&ソイはそれなりに元気です!

夏を乗り切れそうで良かったね

暑い真夏もそれなりにお散歩しているコッコ
つくづく元気に老いたなぁと思います
まだまだ一緒に居ようね
出来たら旅行にも一緒に行きたいぞ

ライダーミルク

ミルクは車いすに乗せようになって一カ月ちょっと
以前より後ろ足が良く立つようになりました

ポッキ-もこうやって寝てたっけ

室内で過ごすのに車いす+トイレシ-ツというのは
過去のポッキ-と全く同じ状態です
ただ、ポッキ-の時は膀胱炎にならないように
あんなに気を使っていたのに
今回のミルクには手を抜いていたのです

結果、膀胱炎になり血尿を出しました
シニア犬のお世話というものは
結果がそのまま自分に返ってくるものだと痛感

汎用的に使う抗生物質で一旦は良くなったのですが
切れたころにまた血尿が出たので再度病院へ行き
診察で前日から尿の色が薄くなり
翌日には血尿になったことなどを話しました

「下半身麻痺の子は尿意に気が付きにくいからね」

先生からはそんな説明

「え、上の子はDMだったけどこの子は筋力低下ですよね?」
「いや、右後足は反応あるけど、左後足は反応なくて麻痺してるよ」

先生にさらっとそんな事を伝えられもうびっくりです
えぇ~、今更まさかのDM?
もうDMからは逃げ切れたと思ってたんだけどなぁ
まぁ15歳を過ぎて寝たきりの子なんて珍しくないし
老化として受け入れるしかないですね
(改めて確認してみたら、確かに左後ろ足はナックリングが見られました)

膀胱炎自体は現在菌の培養検査中
薬が効いてちゃんと良くなると良いな

狭小住宅住まいのロール

ロールは生後七か月を過ぎ
ツルツル脳みそに色々なシワが刻まれたらしく
今までの楽しい!だけの世界から
怖いものや嫌なものが出来てきたみたいです
ですが、この小さなハウスはまだまだお気に入りのよう
本当はすぐに大きなサークルに空きが出ると思っていたのですが
なかなか空きが出ず、未だに引っ越しは叶いません
まあいっか、ロールだから

いつもおバカ顔

いつも楽しく脳天気なので
上の子のお世話で手一杯の時はかなりイラッとします…

ソイはまたご飯食べないタ-ンで
もう本当に絶望的な気持ちでいたのですが
どうやらこちらが想像していた
猫風邪由来の鼻詰まりのせいではなく
口内炎で食べられなかったみたいです

病院選びって難しいですね
ソイは別に犬嫌いとかじゃないし
錠剤の薬も普通に飲ませられるから
猫専門病院に通わなくても良かったのかも

口内炎の完治を望むなら全抜歯らしいのですが
ソイに手術を耐えられる体力があるのかどうか
また座間にある伊奴寝子社にお参り案件が出来てしまいました

皆なるべく穏やかに毎日を過ごしてほしいものです

No Comments »

コッコ17歳!

キタキタキタキタ
コッコ17回目の誕生日!
お世話している犬が
2頭も17歳の誕生日を迎えられるなんて
私たちカイヌ-ズは幸せ者ですね
誕生日朝の凱旋お散歩動画です!

コッコセブンティ-ンは
元気でご飯も良く食べ
お散歩もしっかり歩ける
シニア犬とは思えない
全く普通な犬ライフを送っています
まあトイレがトレ-に当たらない事とかはありますが
許容範囲です
15歳を過ぎて
意識レベルが薄くなっていったマロンと違って
まだまだちゃんとした意思が見えるのがすごい!

とても元気なコッコですが、実は昨年末に
「腎臓近くに3センチ程度の
周りの組織との境界がはっきりしない黒い影」
(組織診はしてないけどがんっぽい?)
が見つかったり
3月には血尿が出たので膀胱炎かな?
と病院で検査してもらったら
「尿中には確かに膀胱炎の原因になる菌がいるけど
その他に普通では見られない
何かが自壊した時に見られるような細胞の破片がある」
(がんが自壊したっぽい?)
って言われています
ですがもう年齢が年齢なので詳しく調べたりはせず
何か症状が出たら対応していこうかと

他に初期の腎臓病との診断も受けているので
ご飯は少し変えましたが、その他は変わらず
毎日同じように元気いっぱいで過ごしてくれる
コッコは本当にグレ-トなワンコです

もっと褒めてくれても良いでしよ

この日々がいつまで続けられるのか分かりませんが
出来る事なら最後まで穏やかに、賑やかに
そんな日々を過ごさせて上げたいと思います

最近のお散歩スタイル

取りあえず次の目標は8月の満月を見る事
その頃にはこの過酷な暑さも収まってくれているかな?
まだまだ一緒に過ごそうね!

No Comments »

ひまわりが咲きました!

早いものでもう7月が終わろうとしています
暑い日中の時間帯は
家族全員で室内に引き篭って過ごす日々です

今年は6月に異常に暑くなったかと思ったら
また梅雨空が戻ってきたり
シニア犬猫には厳しい気温の揺らぎが続いてヒヤヒヤしましたが
今の所コツミルロール&ソイは元気です

家掃除中は必ず監督に来ます

とうとう17歳にリーチが掛かったコッコ
今の所は元気で食欲も有り
散歩でもまだまだちゃんと歩けるので
このまま無事に誕生日を迎えられそうですが
ポッキーの例があるので油断できません
イノチダイジニで頑張ろううね

概ね元気です

ミルクは元気なのですが、室内で後ろ足が立たず
ずり這い移動が増えてきました
何だかかつてのポッキ-の姿と被るのですが
ポッキ-のそれとはちょっと違う感じ
年齢も15歳を越えたし、仕方無い事なのかな
上の子たちが丈夫過ぎたのかもしれませんね

我が家にはポッキ-の四輪車椅子と
ブーさんから譲っていただいて
ポッキーの室内移動用にしていた二輪車椅子があるのですが
ミルクが室内で使うにはちょっと大きかったので
ブーさん号はお散歩に
室内では新調した車椅子に乗せるようになりました
室内用車椅子にはトイレシーツを付けて
オシモ対策も完璧です
これでしばらく頑張ってくれると良いなぁ

外ではこんな感じ

ロールは生後6ヶ月を過ぎたタイミングで
避妊手術を受けました

お腹もがっつり刈られました

何だか随分大きくなって、もうパピ-感はない感じ
家の中でも落ち着いて過ごす時間が増えて
シニア期のマロンが開通させた冷蔵庫裏の抜け道
通称「マロン隧道」で寝そべってたり

この隙間がお気に入り

下の動画にあるようにミルクにウザく絡んで
遊んでもらったりしています

甘えて遊んでるのは見ていて分かるのですが
ミルクが若干気の毒でもあり、私に叱られてばかりです
昔のミルクもそうでしたが
下の子は何をしても怒られる宿命なのかもしれません

最近は出窓がお気に入り

ソイはようやく食欲が復活してきたターン
ただ、シニア犬の為に冷房ガンガンにしている部屋だと寒いらしく
鼻の調子が悪くなってしまうので
ケ-ジ内のホカホカマットはスイッチオンと
贅沢な生活を送っています

うちに来た時にはもうシニア猫だったソイ
一緒に過ごして2年が経ち
あとどれ位一緒に過ごせるのだろう
やっぱりそんな事が心配になってしまいます
とりあえずはモリモリ食べて肉付きが良くなって欲しいです

ポッキーとマロンが乗り越えられなかった季節を
全員でやり過ごし、ひまわりが咲くのを見られて
ホッとしています
コッコの誕生日まであとちょっと
皆、暑さに注意して7月を乗り越えようね!

No Comments »

ミルク15歳!

さてさて、本日6月22日は四女ミルクの誕生日です!

みるく

15歳になったみる

これでマロポコミルク全員を15歳の年齢まで
連れてきてあげることが出来ました
お散歩はヨレヨレしていますが
喜怒哀楽もちゃんとしてるし、食欲も旺盛
健康に老いてくれているのでしょうね

毎日のお散歩はこんな感じ
行きはヨレヨレしているのですが
いったんカートに乗せて帰り道で歩かせると
しゃっきりしてるから不思議です

肩の具合が良くなれば
もう少し歩けるようになるかと思っていたのですが
この様子だともうずっとこのままなのかな
足の弱り方はマロンと同じような感じだと思います
というか、足の衰えはマロンより早いかも

お散歩力はコッコの方がかなり高めですね

コッコは8月生まれなので
そろそろ17歳の誕生日が射程距離に入ってきました
今の所元気食欲ともに旺盛なのですが
ポッキーの例もあるし何とも言えません

さてさて新参者のロールはというと…

ミルクちゃんと遊ぶの楽しいっけ

コッコやソイには絶対勝てないので
ちょっかいを出す相手はもっぱらミルクになりました
最終的には飼い主の介入で終わるのは変わらずですが
最初は逃げ回っていたミルクも
今ではそれなりに相手が出来るようになったようです

リビングでコツミルロール&ソイを放牧しても落ち着いて過ごせる時間が多くなり
カイヌシーズもやっと一息つけるようになりました

そんなこのニューメンバーで生活が板についてきた頃
出不精なマローネの皆はブー&ベベ家からお誘いをいただいて
宮ケ瀬ダムの公園に初の遠征をしました

全く揃わない4頭

お出かけ楽しいでし

いろんな匂いがして楽しいんさー

宮ヶ瀬ダムの公園は堤体上と堤体下にあって
今回は訪れたのは堤体上の方
緑がとても気持ちの良い公園で、カートも押しやすくて快適
犬連れでご飯が食べられる所も多く
美味しいハンバーガーを食べながらのんびりできました

見えるかな?

コツミルロール全部入り

べべちゃんはしっかりお姉さんとしてロールに付き合ってくれて
とっても嬉しかったです
ワタシゆうちんはまだべべちゃんに嫌われていなさそうなので
このままいい感じの人だと思われるように振舞わないといけませんね

ソイも忘れないでほしいナー

ソイも元気です
最近明け方に良く毛を吐いていたのでフードの見直しをしたら
取りあえず収まった感じ
犬と猫、やっぱり注意すべき点が違うのでしょうね
ガリガリは相変わらず
早くふっくらキャットになってほしいな

カロリー、タンパク、リン、ナトリウム、マグネシウム…
ガリガリではあるものの
おそらくシニア猫であろうソイに対して
ご飯は何に重きを置けばいいのか迷ってばかりです
良かれと思って買ったご飯だって口をつけなかったりするし
同じフードだと飽きて食べなくなるし
猫道は奥が深いです

最後に、最近のお散歩風景写真をUPします

ミルクだけ変顔

みんなでお散歩

犬散歩は私一人の時は
コツミルクで一周りしてからロールの単独散歩
じいや君が居れば3頭まとめてといった感じです

正直、ロールを迎えた時、いつまで3頭全員で過ごせるのだろう
あっという間に3頭生活は終わってしまうのではないか
そんな風に考えていましたが、とりあえず3カ月は一緒に居られました

もうちょっとで7月
ポッキーとマロンが越えられなかった
あのジメジメムシムシの季節がやってきます
もう少し、この穏やか(?)な日々が続くことを願ってやみません

2 Comments »

ロール出撃!

何だかもう梅雨入りしちゃったみたいな天気が続きますが
コツミルロール&ソイはそれなりに元気で過ごしています!

なんでし?

コッコは膀胱炎も収まり、食欲も旺盛
体の内部には心配があるものの、元気なシニアライフを送っています
16歳もうすぐ10カ月という年齢としては足腰も達者で
ロールの全力タックルを受けてもちゃんと受け止められています

こっち見ないでほしいみる

ミルクは徐々に後ろ足が弱ってきた所に
洗面台からダイブしたものの受け身を取り損ね
肩関節が脱臼しかかったこともあり
しばらく安静に過ごさせていました

痛がって一日に何度も泣き叫ばれた時には
この先ずっとこのままだったらどうしようかと青ざめたのですが
取りあえず痛みは引いたようです
来月には15歳ですから、歩ける距離が短くなったとしても仕方ありませんね
こちらはロールのタックルが受け止められなくて転がされています

こっちくんナー

ソイはこの気温の高低に揺さぶられ、食欲が出たりでなかったり
いつになったら5キロになれるんだろう?
取りあえずロールの事はウザくて嫌みたいです
まあ自分の周りを高速でぐるぐる走られたり
暴走しているロールに跳ね飛ばされたりすれば、嫌にもなるか、、、

ドヤァ!

さて、我が家のクラッシャーロールは
GW末にはお散歩デビューをして、色々な事を勉強中
4か月と16歳と14歳の散歩動画をUPします

散歩デビューする前からほぼ毎日カートで連れ出していたので
実際に歩かせてみても、止まったりすることなくどんどん歩いてくれます

子犬の割に何だか体が随分大きくて、もう成犬のジャックラッセルさんと
同じか少し大きいくらい
今6キロだから、マロンよりも大きくなるのかな?
たくさん食べて元気に育ってね!

No Comments »

ロールが来て一ヶ月経ちました!

新入りの小童ロールがやって来て1カ月
月齢は3カ月になりました

子犬ってこんな元気なんでしたっけ
何だかいっつも部屋の端から端まで走り回っていて
おまけにドリフトしたりするので
シニア犬の動きに慣れた私の眼では
ロールの動きに目が付いていきません

常に残像

我が家は多頭飼育という事で
ワクチンが終わるまでは基本的にサークル待機
遊びたいだろうに可哀想だな、とは思うのですが
コツミルク&ソイとこの先うまく暮らしていくためにも
必要な隔離なのでしょうね
時間を決めて私と遊んだり、4頭で放したりしています。

こっち来たらはっ倒すナー

おやつの力は偉大で、持っていれば4頭でわらわらと集まってくるのですが
やっぱり楽しくなってしまうロールが
コッコやミルクに飛び掛かったりしています
ソイには何度もシャーや猫パンチを食らっているので
正面切って向かって行くことは無くなりました

ソイはロールがウザいとコッコやミルクにも当たり散らしたりして
ある意味リビングの絶対王者です

コッコは見ていてるこちらが心配になるくらい
辛抱強く相手をしてくれています

元々健康不安の影がチラつくコッコ
旅行後からまたカリカリは食べたがらなくなり
しまいには血尿を出すほどの膀胱炎になってしまいました

今回はもう本当に駄目かと思いましたが
幸い薬が効いて菌はいなくなり、元気にしてくれています

ただ、年末の食欲喪失時からたんぱく質多めの
こってりカリカリをあげていたせいか
少し高めと言われていた腎機能の数値が更に上がり
とうとう初期の腎臓病と診断を受けました

なのでご飯も気を付けなくてはいけないのですが
コッコの16歳8ヶ月という年齢を考えて
食べたがらない療法食を無理に食べさせて
どの程度の長生きが出来るのかと考えると
何が正解か分からなくなってきます

あんなに喜んで飲んでる犬用ミルクも
我慢させなくちゃならないの…

辛いでし

私は心底スーパーネガティブシンキングな性質なので
マロポがいなくなり、ヨレヨレしている高齢犬2頭と
猫エイズ持ちでしょっちゅう猫風邪をひいて
食欲なくす猫と暮らしていると
暗闇でボール投げしてるみたいな
ずっと終わりに向かって進んでいるだけみたいな
そんな気持ちになってしまうのですが
高エネルギー密度で生命力の塊みたいなロールが来て
先の季節が来ることを少し楽しみに思うようになりました

年齢差16歳!

ロールは狂犬病ワクチンまで無事に終わり
残すは来週の混合ワクチン3回目で今は絶賛社会勉強中
抱っこやカートに乗せて散歩に連れ出す日々です

週末のお散歩風景

早く3頭で並んでお散歩したいね

2 Comments »

春の静岡旅行!

三月も後半に入り、やっと暖かくなってきました
今年の冬は本当に辛かったので春の訪れが嬉しいです

さてさて、そんな春の陽気に誘われて
コツミルク連れで静岡県までお出かけしてきました
雨でしたけど…

今回、旅の最終目的地は静岡県西部
さすがに老犬連れでその距離を日帰りするのは無理なので
中部より少し西よりの牧之原市に宿を取ることにしました
16歳7カ月犬と14歳9カ月犬を連れての一泊旅行です

お昼は静岡県のみで展開する大人気のレストラン
炭焼きレストランさわやか」さんで

げんこつハンバーグ!

平日の一時過ぎの来店でも、座席の案内まで40分待ちなんて本当に大人気!
待ち時間はネットで確認出来るので、この時間を利用しない手はありません
近くにはコッコの名前の由来である
静岡銘菓「こっこ」の聖地「こっこ庵」があるのです!

雨だったので、カイヌシーズだけで徒歩移動
コッコを迎えた頃よりも味のバリエーションがたくさん増えていて、
どれを買うかかなり悩んでしまいました
コッコとこっこ庵で記念撮影しなかったのが悔やまれます

そしてさわやかの店舗に戻った頃には丁度順番も回ってきていよいよ店内へ
店員さんも親切だし、熱々ジュージューでお肉ゴロゴロのハンバーグは激うまでした!

昼食をとった静岡市内から牧之原市に移動するにつれてどんどん雨は本降りになり
宿に着いた頃には犬を歩かせるのはもう不可能で
夜には窓に雨が叩きつけるほどの暴風雨

天気予報では翌日晴れるとのことだけど、本当かな?
せっかく海のすぐ側に泊まっているのだから、明日は散歩に行きたいな
そんな感じの夜を過ごしました

晴れました!

朝日が気持ちいいでし

波の音が怖いみる

天気予報通り、翌朝は晴れ!
喜び勇んで海岸まで散歩に出てみると
海はものすごい高波で、この海岸に毎日散歩に来ているという方とお話ししても
こんなに波が高いことは初めてだ、との事
そんな大きな波を求めて海にはたくさんのサーファーさんがプカプカしています
サーフィンをした事が無いワタシでも
こんな高い波に乗れたら楽しいのだろうな…と思ってしまいました

天気晴朗なれども波高しでし

足元が変な感触みる

コツミルクとは、砂浜の海で散歩をすることが出来なかったな、
と常々残念に思っていたので
思わぬところで達成することが出来て
カイヌシ的には大満足

お散歩の後はのんびり朝食をいただいてチェックアウト
宿を出て茶畑を眺めながら1時間ちょっとのドライブで
目的地に到着です
現地では色々なお話をして、一路自宅のある横浜を目指します
第二東名ってPAも立派だし、快適ですね!
(ワタシは乗っていただけ)

今回の長距離ドライブでコッコはオムツを初装備
やっぱり履かせていると安心感が違います
ただ、家で余っていたポッキー用おむつで大丈夫だと思ったのに
コッコには小さかったので焦りました
出発前に気づいて良かったです

犬も2頭になったので旅の荷物も減り、車からの搬出入も随分簡単になりました
(ワタシはほぼ見ているだけ)
帰宅後はあっという間に搬出を終えて…

退屈なんさー

あれ?帰り道は積荷が増えていたようです
このちびコーギーは我が家の五女「ロール」と申します

今回の旅の目的は、コッコを実家であるブリーダーさん宅に帰還させることと
新しい家族を迎えに行くこと

コッコ16歳7ヶ月、また旅行に連れて行くことができるなんて思いませんでした
ブリーダーさん、丈夫な子を譲ってくださいましてありがとうございます
ロールもコッコのように元気で逞しくなるよう
大事に育てますね

子犬恒例の寝姿

まだまだ子犬、寝てばかりです。
クレートで寝てくれたらいいんだけどな

ソイは興味ないナー

ロールは1月18日生まれの女の子
シニア犬ばかりの我が家で、明るい太陽となりますように!

2 Comments »